MACHINETOPIA FUKUI

<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
例会③親睦例会
例会③親睦例会
夏休みだよ!皆で楽しく流し素麺晩餐会い~!

日時  8月19日(土曜日)  PM4:50集合 
                     PM5:00 例会開始
                     PM8:30 例会終了

場所  越前市(旧武生市)みどりと自然の村 太陽広場

で行われました。

青年会会員は流し素麺のレーン及び台座製作(竹割から節取り、レーンを載せる台作り)

a0039723_0525230.jpg


奥様は食材関係の準備(焼き物関係の下準備)

お子様は竹細工(箸、器など)

a0039723_053359.jpg

レーン製作が終わったので試運転。

a0039723_0552251.jpg

今か今かと待っている子供たちの目は真剣そのもの。

a0039723_0544781.jpg

レーンを囲んで晩餐会の開幕。

a0039723_057256.jpg

最後は子供たちが楽しみにしていた花火大会で楽しかった晩餐会も終了です。

準備していただいた担当者の方々、ご苦労様でした。
家族そろって楽しめた企画をありがとう。

最後に美味しかった素麺をご紹介します。

素麺は、大門素麺(富山県砺波市)、おわら風の盆(富山県氷見市)の二種類の伝統あるこだわりの麺。

  大門素麺   ↓
大門素麺は嘉永元年に越中の国砺波郡大門村(現在の砺波市大門)の田守三右衛門が売薬行商で能登を廻っているとき、蛸島の栗次兵衛が加賀前田藩の御用素麺を製造していることを知り、その製法を取得して帰ったといわれています。この素麺は、全国的にも珍しい手延べ素麺で、細く長く、丸まげ状にまるめてあるので「丸まげ素麺」とも呼ばれています。四季の中でも最も寒い時期(11月から3月)にのみ作られ、時間をかけて何回もこね合わせ伝統製法により細く長く延ばしていくので麺の繊維がワイヤー状になり、とてもコシの強い素麺に仕上がります。添加物を使用していないため、健康食品として召し上がれます。
      参考URL http://www.tokusanhin.jp/toyama/04.html

  おわら風の盆 ↓
厳選した小麦を使用し、10時間掛けてじっくりと製造し、添付する植物油も極力押さえていますので、素麺の油臭もわずかです。乾燥に2日間かけ冷風乾燥方式にて、ゆっくりと乾燥する為、麺の熟成が進みより腰が強い素麺に仕上がります。やや太麺に仕上げた為、弾力も強く歯ごたえや喉ごしの良い麺です。

     参考URL http://www.rakuten.co.jp/honto/1477353/1477354/
[PR]
by machinetopia | 2006-08-21 00:45 | 活動紹介 | Comments(0)
求む!『未来の夢マシーン』
~ 福井県機械工業青年会50周年記念事業 ~

 『未来の夢マシーン』 絵画コンテスト

a0039723_91591.jpg


子供たちの感性は未来を変える大きな力です。
自由でおおらかな発想で、家族や友達、そして地球全体が困っている事などを解決する『夢のマシーン』を募集致します。

【募集要項】
応募資格: 福井県内在学の小学生全学年
募集期間: 平成18年7月22日~9月15日
表   彰: 最優秀賞優秀賞優良賞(各1作品)
         (青年会オリジナル記念盾、図書券5,000~3,000円分)
        入選(20作品)
         (図書券1,000円分)
        ※応募者全員に参加賞として記念ボールペンをプレゼント
大 き さ: 四つ切画用紙(380×450)、たて・よこ自由
画   材: 水彩絵の具
記入事項: 作品裏面に「学校名・学年・氏名・連絡先・作品名・絵の説明」を明記して
        下さい。
提 出 先:  〒910-0831 福井市若栄町508
         福井県機械工業協同組合 「夢マシーン係」(郵送または持ち込み)
審査発表: 平成18年10月
        ※受賞者には当会から連絡させて頂きます。
そ の 他: 応募により知り得た個人情報は、当会が責任を持って管理し、受賞者への
       通知以外の目的に使用することはありません。
       応募して頂いた作品については、作品の展示・当会広報誌への掲載以外に
       使用することはありません。
       尚、応募作品の著作権は福井県機械工業青年会に帰属するものとします。

今回の事業が「8月4日付の福井新聞(4面)」に掲載されました。
a0039723_919822.jpg

[PR]
by machinetopia | 2006-08-10 09:20 | 活動紹介 | Comments(0)