MACHINETOPIA FUKUI

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
研修例会③・講師例会
去る21日(土)に研修例会③が開催されました。

今回は講師例会として、

 「チャレンジスピリットを取り戻せ!
   大局観の経営    -上空4000mからの視点- 」

と題して、講師に スカイダイバーの橋本有加里 さんをお迎えして行われました。
a0039723_14453643.jpg

<講師経歴>
福井市生まれ。
1997年にオーストラリアに渡り、ライセンスを取得。
現在も福井市在住で、これまでに6ヶ国で計836回のジャンプ経験を持ち、オーストラリアでのプライベートなジャンプだけでなく、各国のイベントや、100人以上での記録更新ジャンプにも精力的に参加。
現在は JUMP FOR THE COUSE 2009 に登録し、新たな記録挑戦の招待メンバーにも選ばれ、それに向けた3月1日からのタイでのジャンプを控える。



今回は、いつもとは違いビジネスに関する直接的なセミナーではありませんが、そのチャレンジスピリットを学ぶべく企画致しました。

まずは、スカイダイビングとはどんなものかについて、器具の展示や実際の映像を交えながら説明を受けました。
a0039723_14465782.jpg

素人の私たちではどうしても「スカイダイビング=危険」と思いがちですが、事故の確率でいえば自動車よりもはるかに安全であることなど、初めて聞く話や意外な事実に興味津津に聞き入りました。

また、一度に大人数でジャンプしてフォーメーションを組む記録挑戦などについては、並みの経験・知識では参加すらさせてもらえないこと、またそれに向けての自己アピールやチャレンジスピリッツ、取り組み姿勢などがどれだけ大切かなど、実際の経験に基づいてお話し頂きました。
a0039723_14571669.jpg

最後の質疑応答では、初めて聞く話ということもあってかいつもより活発に質問が出ていたように思います。

私自身、忘れかけていた「初心」というか、いつの間にか仕舞い込んでしまった「チャレンジスピリッツ」を思い起こさせるきっかけになった気がします。

講演終了後は二次会にもご参加頂き、芯の強さだけでなく肝臓の強さにも圧倒されっぱなしでしたが(笑)、我々と同年代ということもあり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

講師の橋本さん及び助手のHさん、N羽チーフを始めチームN羽の皆さん、また参加された皆さん、ありがとうございました。

※今回から入会の「O本さん(ニックネーム未定)」、今後ともよろしく。。
[PR]
by machinetopia | 2009-02-23 15:23 | 活動紹介 | Comments(6)
機械組合・県外視察研修(岡山)
20日(金)~21日(土)と、機械組合様の県外視察に参加して来ました。

今回は岡山県の「ナカシマプロペラ㈱」様を視察させて頂きました。

その名の通り「プロペラ(舶用スクリュー)」の専門メーカーで、国内シェア70%・世界シェア30%を誇るトップメーカーです。
a0039723_1113638.jpg

※写真は玉島工場です。

一昨年に新設された玉島工場では、オリジナルの最新大型設備が立ち並び、大型プロペラを中心に生産されております。
a0039723_11493719.jpg

この工場では年間360枚のプロペラが生産されており、そのすべてが船体やエンジンなどの諸条件において最高の出力を発生するために設計された「限定生産品」だそうです。
なので、現在の納期は「約2年」だとか。。

というのも、プロペラの形状を思い浮かべて頂ければ分かる通り、ノウハウ・技術といった「付加価値の塊」ですので、最新設備を以てしても容易に真似が出来るものではなく、その中枢にあるのはやはり「職人の技と感触」によるものであるからと思われます。
現に工場見学の際に印象に残ったのは、最新設備の横で手作業を行う大勢の職人さん達の姿でした。
(若い年齢層の職人さんが多かったです。)

社長曰く「(冗談で)この業界には参入しないで下さいネ。」とおっしゃっておられましたが、前述の通り「ノウハウと職人技の塊」だけに、新規参入した他メーカーは、この数十年で1社だけとのことです。(しかも撤退メーカーの技術継承を受けての1社のみ)


尚、この会社では新規事業もいろいろと立ち上げており、本社に移動し、その新事業のひとつである「人工関節」の工場を見学させて頂きました。
「事業としてはまだまだ」とおっしゃってましたが、現在使用されている人工関節のほとんどは輸入品で、日本人の体格に合わせた人工関節を日本で作り、広く市場に普及させたいとの思いの下、着実に裾野を広げておられるようでした。(※工場内では撮影禁止でしたので画像はありませんが何卒ご勘弁を。。)

「何でプロペラメーカーが人工関節へ?」とお思いの方も多いと思いますが、同社が持つ「独自の曲面技術」と活かす新分野をということで、見学に来られた客先からのほんの一言がきっかけで始めたそうです。

やはり、本職を続けながら少しずつでも変化して行くことが、企業の存続にとって重要なことであることは間違いないようです。
[PR]
by machinetopia | 2009-02-23 12:00 | 活動紹介 | Comments(1)
「責任の取り方」
めでたいシリーズから一変させちゃいますが。。


このところ、「責任を問われ辞任」なんてのがよくあります。

これってどうなんですかね。

辞めれば済むんでしょうか。

事態の解決にはならないけどとりあえず辞めろということなんでしょうか。

(今回のロレツ事件なんかは辞任に値するのかも知れませんが)誰にでもミスはあり、本人にとってみればミスを犯して初めてミスと気付くんでしょうし。
自分の名誉を挽回するのではなく、あくまで責任を全うするために辞任しないということは認められんのでしょうかね。。

最近のニュース番組などで、インタビューに答えているサラリーマン風の人たちの言い様を見ていても考えてしまいます。

なんていうか、

 「もし自分(家族)だったらどうするの?」

って言いたくなるというか。。

会社組織に例えるなら(そればっかですが。。)、

もしアナタの会社の社長がポンポン変わったらアナタはどう思うの?会社はどうなるの?
社員が社長の悪口ばかり叩いてる会社の未来ってどうよ?

と聞いてみたくなるというか。。

このところ、何かあったらすぐに「辞めろ」で来ているから、後任にも鼻からそういう目で見ちゃうんでしょうし。
次から次へと「とっかえひっかえ」されるから、”まともな考え”の人こそ責任を避けるようになり、弾切れになって余計にいい人材が居なくなるんでしょうし。

「責任の取り方」って難しいですね。


 ”切られる”と  怒る人ほど  ”切れ”と言う


お後がよろしいようで。。
[PR]
by machinetopia | 2009-02-18 19:19 | 雑談 | Comments(7)
いやぁ、めでたい! part.2
めでたいことは続くもので。。。

昨日(15日)の朝、D嶋副会長にお二人目となる「姫君」が誕生されました。

拍手っ!

母子ともにご健康とのことで何よりです。

来期の新会長・お子様のご誕生と、今、ノリに乗ってるD嶋副会長。
この嬉しいニュースをバネに、益々のご活躍をお祈りいたします!

おめでとうございます!
[PR]
by machinetopia | 2009-02-16 10:10 | 雑談 | Comments(9)
祝! O谷顧問ついにご結婚!!
「ついに」って・・・。

いやぁ、めでたい。

会員一同が待ちに待った「O谷顧問」の結婚披露宴が盛大に開催されました。
本当にたくさんの方々がお祝いに駆けつけました。
a0039723_1035128.jpg

そして主役です。
a0039723_1042192.jpg

っれっそーな顔してホンマ。

そらそーでっすわな。きれーな奥さんもろたんやし。

さて披露宴の方はというと、ご媒酌の機械組合・K川副理事長からの御礼や、理事長を始めとした名立たるご来賓の方々よりのご祝辞に始まり、華やかに幕を開け、場も和んだところでいよいよ私からのテーブルスピーチ。。

190名の前となるとさすがに緊張するかとも思いましたが、意外に感じる視線も少なく(笑)、用意したネタは何とかすべて話すことが出来たように思います。

また続いては我が青年会有志による余興「大クイズ大会」!!
N金くんの司会進行で、E善幹事によるアシスタントを受けクイズは進みます。
既に披露宴も中盤に差し掛かっていたため席を離れている方も多く、参加者がちょっと少なかったようにも感じましたが、N羽氏・N田氏による大音響の「生うたシンキングタイム」など、あの手この手で盛り上げて頂きました。

さすが青年会。

その後も、キャンドルの点火など着々と宴も進む中、ふと高砂を見ると、

 「はい、ア~ン。」

 「(パクッ)」

 「おいち?」

 「ウン、おいち。」


注)セリフは、私の「読唇術」と「妄想」によるフィクションです。多分当たってますけど。

なんてやってくれちゃってるアッツアツのお二人を見ながら・・・・・
a0039723_116576.jpg

なんて。。

そしてクライマックスは新郎からの挨拶。
a0039723_11155110.jpg

感動的です。

ウルッてきました。

その挨拶の中や二次会でも言ってましたが、「家族に対しての責任をすごく感じている」と。

私ら既婚組も、改めてもう一度掘り起こさなあきませんね、その気持ち。

いやぁ、結婚式ってのは何べん出てもいいもんですね~。

お二人とも末永くお幸せに~。


追伸
余興を企画から演出まで担当頂いたN羽さんを始め出演者の皆さん、二次会を企画運営して頂いた「チーム44」の皆さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。非常に楽しかったです。
[PR]
by machinetopia | 2009-02-09 11:28 | 雑談 | Comments(9)
復活。
スポーツジムを再開しました。

再開って。

いえ、決してサボっていた訳ではありませんで。

【11月初旬】
ちょっとバタバタしてて疲れ気味だったのに、1週間以上間隔が空いちゃったのでちょっと無理して行ったらその晩発熱。

【1週間後】
ダラダラと体調すぐれず。
昨年4月の悪夢があるので、無理をせず完全に治るまでオフをとる。

【数日後】
風邪は治ったが、ある日突然腰が痛くなる。結構痛い。
立つ時も痛い。座る時も痛い。顔洗うのもツライ。
1日じゅう「あたたたた」。
何しても「あたたたた」。

ケンシロウかっ。

【その後・・・】
整体に通うなどするが急には治らず、そっからズルズルと1ヶ月。。
結局、ちょこしの違和感を抱えたまま、1月後半にジム再開。

という訳です。

腰は元々いい方ではありませんでしたが、急に運動止めたのがいけなかったんでしょうか。。

しかし、再開初日に恐るべき事実が判明。。

(休む直前で)トレーニング期間が3ヶ月を迎えていたため、再開初日に再度「体組成」の測定を含めてメニューの見直しだったのですが。。

以下、その時の(初回測定時とは違う)インストラクターのお姉さんとのやり取りです。

イ「ハイ、測定終わりでーす。ん~。3ヶ月前と何ら変わってないですね~。。」

土「そやろね。2ヶ月近く、普段以上に動かんかったんでね。完全にリセットしたね。」

イ「ハイ~。。じゃまた前のメニューを、、、、、ん?」

土「何?」

イ「初めの目標って何でした?」

土「ダイエット。」

イ「ですよね~。。」

土「なんやって。」

イ「いや、あの、このメニューって『マッチョになりたい系』のメニューかなと。。」

土「コレ以上、筋肉要らんてっ。逆に落としたいぐらいやわ脂肪と一緒に。」

イ「ですよね~。ちなみに減りました?体重。」

土「いや、バンバン来てた頃でも1kg増えた。休み始めたら1kg痩せたもん。」

イ「やっぱり。」

土「ほやろ~。めっちゃキツかったもんあのメニュー。。ん?もしかして腰痛くなった
  のって。。」

イ「いや、、多分それは、、違うかなと。。うん。。多分。」

頼むわ。。
[PR]
by machinetopia | 2009-02-02 19:34 | 雑談 | Comments(10)
オカモト鐵工(株)
〒910-0142 福井市上森田1-102-2
TEL 0776-56-1155
FAX 0776-56-3858
[PR]
by machinetopia | 2009-02-01 12:35 | 会員紹介